日々是"吉"日

ゆるゆるなスピリチュアルでパワースポットやパワーストーン、原石、お香などを楽しんでいくただの日記です。

秩父総鎮守 秩父神社

どうも! ひのきです!!!m(*_ _)m


今日明日は二日連続の一粒万倍日です!


というわけで二日連続で大きな神社さんいきまっす!


今回は秩父神社です
f:id:hinoki_kaonashi:20210506134459j:plain

大きな狛犬は正面を見据える珍しいタイプ

こちらは秩父総鎮守にして武蔵國四宮であり、三峯神社宝登山神社と併せた秩父三社ともされている由緒ある神社です

その歴史は古く、崇神天皇10年、、、つまり皇紀574年、、、つまりつまり紀元前87年!!! 初代知知夫国造である知知夫彦命が祖先である八意思兼命を祀ったのが始まりだそうです
f:id:hinoki_kaonashi:20210506140756j:plain


んがっ、2100年前、弥生時代です。。。


ちなみに秩父今宮神社の方から歩いてくると先に見えるのがこちら、正面に建物も見えるのでこのまま入りたくなりますが流石にそろそろ学びました、この規模の神社でこの雰囲気が正面であるはずはない!
f:id:hinoki_kaonashi:20210506140506j:plain

このまま右側の道路沿いを歩いていくと正面です

ここしか無いタイミングだった緊事態とまん防の合間、都内では既にほとんど散りかけていた桜がこちらでは満開でした
f:id:hinoki_kaonashi:20210506140842j:plain


境内右手には、柞の禊川(ならのみそぎがわ)と呼ばれる小川や御神木があります
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142058j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142043j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142122j:plain


並ぶ末社徳川家康公を祀る東照宮
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142156j:plain

菅原道真公を祀る天満天神宮
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142250j:plain

災禍を直す神、禍津日神を祀る禍津日社
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142330j:plain

こんなご時世ですから、災禍、疫病に関する神様へのご挨拶にはいつも以上に丁寧になります


シュー! 突然の音に何事かと思ったら暑さを和らげる水霧が吹き出しました、嗚呼心地良き
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142615j:plain


柞の禊川、とは藤原家隆が詠んだ歌が由来になっているのだそうです
f:id:hinoki_kaonashi:20210506142740j:plainf:id:hinoki_kaonashi:20210506142951j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506143105j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506143129j:plain


続いて境内左手

こちらは神様が降り立つとされる神降石
f:id:hinoki_kaonashi:20210506143329j:plain

倉稲魂命を祀る柞稲荷神社
f:id:hinoki_kaonashi:20210506143605j:plain

板書きは掠れてますよね、読めます?

柞 と書いて なら と読むのが禊川でしたが、こちらは ははそ と読み、ははそいなりじんじゃ だそうです


うん、美しい
f:id:hinoki_kaonashi:20210506143859j:plain


続いて建御名方神と八坂刀賣神を祀る諏訪神社
f:id:hinoki_kaonashi:20210506144138j:plain


日御碕神社は須佐乃男神を祀ります
f:id:hinoki_kaonashi:20210506144308j:plain


秩父宮妃がお手植えになった乳銀杏がとても美しい
f:id:hinoki_kaonashi:20210506144517j:plain


お待たせしました、拝殿です! いや、すげえな!
f:id:hinoki_kaonashi:20210506144835j:plain

御祭神は八意思兼命知知夫彦命天之御中主神秩父宮雍仁親王です


虎がね、こっち見てる気がするんよ
f:id:hinoki_kaonashi:20210506144919j:plain

名工が彫った子育ての虎
f:id:hinoki_kaonashi:20210506145000j:plain

西側は工事中でした、こちらは北辰の梟
f:id:hinoki_kaonashi:20210506145252j:plain

そして、つなぎの龍!!! 凄い!!!
f:id:hinoki_kaonashi:20210506145331j:plain

なんでも、龍が住み着いた天ヶ池が暴れた(水害?)時は必ずこの彫刻の下に水溜まりが出来ていたので試しにこの龍を鎖で縛ってみたところ、池に龍が現れなくなったという伝承の龍を彫ったものだそうです


いやー、なんて素晴らしい社殿なんだろう!!!
f:id:hinoki_kaonashi:20210506145845j:plain


そして本殿西側に豊受大御神を祀る豊受大神宮
f:id:hinoki_kaonashi:20210506150431j:plain

東側には天照大御神を祀る皇大神宮が鎮座しますf:id:hinoki_kaonashi:20210506150600j:plain


そして驚いたのが本殿の背後に鎮座する天神地祇f:id:hinoki_kaonashi:20210506150803j:plain


こちらの主祭神である八意思兼命八百万の神々を集めて意見を取りまとめ数々の聖断を下してきたとされることから全国の一之宮を中心に75座の神々を祀ったのだそうです

75座ですよ、そりゃこうなるわ! すっごい!f:id:hinoki_kaonashi:20210506151318j:plain

え? まさかって? そりゃね

やりますよ!!! 左手側から!


f:id:hinoki_kaonashi:20210506151436j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151456j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151521j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151600j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151621j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151646j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151659j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151725j:plain

f:id:hinoki_kaonashi:20210506151741j:plain

f:id:hinoki_kaonashi:20210506151757j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151815j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151835j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151851j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151907j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151921j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151934j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506151947j:plain

ここまで!
f:id:hinoki_kaonashi:20210506152019j:plain


あとは後述にしましょう!

境内を東側に出て道を渡ると柞祖霊社がありますf:id:hinoki_kaonashi:20210506153029j:plain
f:id:hinoki_kaonashi:20210506153040j:plain

この素晴らしい秩父神社を守ってきた方々に感謝


いやはや、ほんとに素晴らしい神社です

まさに御神域、といった空気が流れる境内はいつまででも居たいと思わせます

ただここに居るだけで心が洗われるような、すーっと邪気が抜け精気が浸透してくる、そんな感じすらします


皆様も状況が落ち着いたら是非!



さて、ひのき、75座、調べます!!!(´◉ᾥ◉`)


埴山大神︰土の神 埴安彦神、埴安姫神

田村大神︰倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)←!!!、五十狭芹彦命 (吉備津彦命)、猿田彦大神、天隠山命(高倉下命)、天五田根命 (天村雲命)

石上大神︰布都御魂、布留御魂、布都斯御魂

軻遇突智大神︰秋葉大神ともされるカグツチ

若狭比古大神︰彦火火出見尊(山幸彦)、豊玉姫命

大物忌大神鳥海山に宿るとされる大物忌神で、倉稲魂命豊受大神と同神ともされる

罔象女大神︰罔象女神(弥都波能売神)、龍神瀬織津姫と同神とされる

句句津馳大神︰木の神 句句廼馳(くくのち)

津島大神︰須佐之男命、若しくは大己貴命

真墨田大神︰国常立尊、若しくは天火明命

金山大神︰鉄の神 金山毘古神

木船大神︰高龗神(たかおかみのかみ)

天手長大神︰天之忍穂耳、天手力男、天鈿女命

和多津美大神︰彦火火出見尊豊玉姫

杵築大神︰大国主命

枚聞大神︰大日霊貴命(天照大御神)

丹生大神︰丹生都比売命(稚日女尊)

南方大神︰建御名方神八坂刀売神

安房大神︰天太玉命

中山大神︰鏡作神(実は温羅???)

安仁大神︰神武天皇の兄 彦五瀬命

箱崎八幡大神誉田別命

砥鹿大神︰大己貴命

都々古和気大神︰味秬高彦根

白山比咩大神︰菊理媛命

籠大神︰彦火明命

西寒多大神天照大御神月読命天忍穂耳命

伊射波大神︰稚日女尊、伊佐波登美命、玉柱屋姫命、狭依姫命

寒川大神︰寒川比古命寒川比女命

香取大神︰経津主神

倭文大神︰織物の神 建葉槌命

鹿児島大神︰彦火火出見尊

松尾大神︰酒の神 大山咋神

都佐大神︰味鋤高彦根神一言主

春日大神武甕槌命経津主神天児屋根命比売神

粟鹿大神︰彦火火出見尊、日子坐王、阿米美佐利命

伊和大神︰大己貴命


やっと半分。。。。。。。_:(´ω`」 ∠):_ ...


加茂大神︰賀茂別雷命

大鳥大神日本武尊

鹿嶋大神︰武甕槌命

出雲大神︰大国主命

吉備津大神︰大吉備津彦命

三輪大神︰大物主大神

都波岐大神︰猿田彦大神

二荒大神︰大己貴命田心姫命、味秬高彦根

玉前大神︰玉依姫命

度津大神︰素戔嗚尊の子 五十猛命

宇佐八幡大神誉田別命宗像三女神神功皇后

都濃大神︰大己貴命

玉祖大神︰玉祖命石凝姥命

水無大神︰大歳大神、大己貴命三穗津姫命応神天皇高降姫命神武天皇須沼比命天火明命少彦名命高照光姫命天熊人命、天照皇大神豊受姫大神、大歳神、大八椅命、計15柱

宇倍大神︰長寿の神 武内宿禰命

高良大神︰高良玉垂命

高瀬大神︰大己貴命

住吉大神底筒男命中筒男命表筒男命

建部大神︰日本武尊

由良姫大神︰由良比女命(須世理比売命)

浅間大神木花咲耶姫命

大麻比古大神︰阿波忌部氏の祖 大麻比古神

枚岡大神︰天児屋根命、比売御神、経津主神武甕槌命

貫前大神︰経津主神姫大神

龍田大神︰天御柱大神、国御柱大神、龍田比古大神、龍田比女大神

氣多大神︰大己貴命、奴奈宜波比売命(建御名方神の母?)

熊野大神伊邪那岐伊邪那美素戔嗚尊天照大神、忍穂耳命、瓊瓊杵尊彦火火出見尊、鵜葦屋葦不合命、軻遇突智命埴山姫命彌都波能賣命稚産霊命

敢国大神︰孝元天皇の子 大彦命

氷川大神︰須佐之男命、稲田姫命大己貴命

弥彦大神︰天香山命

厳島大神︰市杵島姫命田心姫命湍津姫命

阿蘇大神︰健磐龍命國龍神彦御子神新彦神若彦神阿蘇津姫命、比竎御子神、若比竎神、新比竎神、彌比竎神、速甕玉命金凝神

氣比大神︰保食神ともされる伊奢沙別命

廣瀬大神︰宇迦之御魂神ともされる若宇加能売命

三島大神︰大山祇命積羽八重事代主神

物部大神︰物部氏の始祖とされる宇摩志麻遅命

事麻知大神︰……………………

なんとここまで来て最後がよく分からなかったんですよねーなんてことでしょう

ただ、コトノマチ という響きから 己等乃麻知比売命 にたどり着き、コトノマチヒメノミコトを祀るのが 事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)、つまりコトノマチ、そしてこの神社は遠江国一之宮なので恐らく合っているんじゃないかと…


いやーーー大変だった(>_<) って合ってるかどうかもわかりませんけども、、、( ̄▽ ̄;)


というわけで写真だけ並べて すごいねー! で終わろうとしてたとに思わぬトコロに火がついて調べまくるも、一之宮の確認や正誤の徹底まではしないところが "ひのき"っぽいな、と我ながら思います

中々面白いものではあるのですが、やはり神様は調べれば調べるほど名前違いの同神とされることが多過ぎてどんどん混乱していくっていうスパイラルが楽しいですね←変なやつ


ちなみに、気付かないですよねー?

気付いちゃったんですよねー(*^^*)


全国一ノ宮75座をお祀りしています
f:id:hinoki_kaonashi:20210506215514j:plain

でも書かれている大神は74座なんです

………………………はっ!?

この74座をまとめて 天神地祇社 という神額だと思ったのですが、こちらも社ですよね!
f:id:hinoki_kaonashi:20210506220138j:plain

つまり、この中央のお社にも秩父神社主祭神である八意思兼命が祀られているのでは!?

そうなると75座!?

ただですね、それぞれの大神には〇〇三神とか〇〇十二神も含まれているのでそもそも75座とはされていても75柱というわけでは無いのですがその辺は分かっていてもふんわりとさせておきましょう(←しっかり言及してますがな)


そもそも、この天神地祇社が祀られた時代における各社の祭神は今と同じではないですからもうお手上げです


歴史というやつはハッキリさせたい探究心と掴むことが出来ないふわふわした浮遊感を楽しむものです


というわけで超長くなりましたが改めて、とっても素晴らしい秩父神社、こちらへお参りする為だけに秩父へ来る価値はあります!


あ! その際は是非、秩父今宮神社も(*^^*)b


いずれ三峯さんと宝登山も行くんだ!おー!